将棋の初段になるまでの話

将棋アプリ「将棋ウォーズ」で毎日3局の対局を続け、11か月ほどで初段に到達しました。同じく初心者から初段を目指す方に参考になるよう、その過程を綴っていきます。

初段までの過程と開始時棋力

昇級・昇段履歴

将棋ウォーズ10分切れ負け履歴
日付 段級位 累計戦歴
2020/2/7 初段・昇段 583勝443敗
2019/7/14 1級・昇級 225勝181敗
2019/4/3 2級・昇級 57勝43敗
2019/3/18 3級・昇級 31戦
2019/3/17 4級・昇級 28戦
2019/3/16 5級・昇級 25戦
2019/2/28 30級 0戦

開始時の棋力と将棋の知識

将棋ウォーズのはじめの30戦は棋力を計るために、昇級・昇段が緩やかに設定されています。10日目で30戦を終え、31戦目に3級に昇級したので、開始時の棋力はおよそ3級としましょう。

駒の動かし方を覚えたのは子供のころですが、当時も熱中していたわけでもなく、数ある遊びのひとつといった程度。将棋内容も、いつも矢倉囲いから飛車先を伸ばして棒銀を試みるといった短調なものでした。成長とともに駒に触れることもなくなっていきます。

いわゆる棋書は読んだことがなく、駒の動きや矢倉や美濃といった代表的な囲いの名前は知っていたものの、「コビン」「一間龍

序盤・中盤・終盤の特徴

将棋の局面は大きく序盤・中盤・終盤にわかれます。それぞれの特徴をつかむことで、学習効率があがります。

序盤

陣形を整える段階。王様を囲ったり、攻めの手がかりを築いたりします。序盤の駒組は事前の準備「研究」がモノをいいます。研究量に比して序盤の棋力はあがっていきます。

初学者はすでに研究されている手順「定石」を覚えることが近道です。

中盤

駒がぶつかり、形勢が大きく揺れ動くのが中盤。複雑で難しい。経験やいわゆる「大局観」が問われる。

終盤

相手の王様を詰ませたり、自玉が詰まないかどうかを読む最終局面。詰みという正解手順があり、論理力が試される。

初段までの勉強方法

将棋はよく序盤・中盤・終盤と局面をわけて説明されます。わたしは序盤は「研究と記憶力」、終盤は「論理力」が大事だと理解しています。中盤は難しく、経験や大局観が問われます。

自分が初段になるまでに取り組んできたことを踏まえ、

詰将棋

まず初心者が取り組むべきは手数の短い詰将棋でしょう。将棋は王様を詰まさないことには勝てないゲームなので、詰みの形を覚えることは必須です。

最初は一手詰めでもしばらくみえないことがあります。三手詰めがおおよそ解けるようになれば、将棋ウォーズ3級あたりは見えてくると思います。五手詰めをスラスラ解けるようになれば、初段付近の棋力はあるはずです。

詰将棋の本は多数出版されていますが、ここでは有名な浦野 真彦先生のハンドブックシリーズを紹介したいと思います。

  • 1手詰ハンドブック
  • 3手詰ハンドブック
  • 3手詰ハンドブック〈2〉
  • 手筋

    手筋を覚えることも初心者には大事です。手筋の意味は「効率のよい駒の使い方」などとされていますが、要は局所で有利になる指し方ということです。

    垂れ歩などの歩の手筋や、割り打ちの銀やふんどしの桂など駒の両取りを学び、駒ごとの特徴を押さえていきます。

    手筋本でおすすめなのは、ひと目の手筋です。分厚いながらもサクサク読め、一番の良書です。一通り覚えれば、初心者を卒業できます。

    得意戦法

    実戦に向かう前に押さえていきたいのは、戦法を決めることです。形を決めることで、似たような将棋を多く指すことになり経験値が高まります。

    将棋は相手との兼ね合いや先手後手によっても違いが生じるので、戦型は幾通りか用意する必要があります。

    初期の私は主に居飛車相手に右玉を採用し、相手が三間飛車、四間飛車であればエルモ囲い右四間飛車で対抗。中飛車相手は苦労して、左美濃や超速二枚銀など試行錯誤を重ねました。

    初心者でどんな戦法があるか分からない方は、プロ棋士の指す将棋を参考にするとよいでしょう。最近は動画にて丁寧に指し手を解説していただけるので、さまざまな戦型からおもしろそうなものを選んでみるといいでしょう。

    おすすめは村中秀史七段のYoutubeむらチャンネルです。鮮やかな指し手と別収録の詳細な解説が勉強になります。

    序盤

    得意戦法を定めたら、序盤の駒組を研究していきます。10分切れ負けなど早指し将棋では終盤に時間を残すことが大切です。序盤は比較的手が限られているので、事前研究がものをいいます。

    駒組は書籍などを参考に定石を覚えるのが基本です。わたしはアマ高段者の対局動画を視聴し、ShougiGUIなどを用いて指し手を記録することもしていました。

    実戦と振り返り

    実際に対局をしたのちは、将棋ソフトを用いて解析を行います。最初のうちは、悪手と判定された指し手のみをチェックするだけもいいです。

    戦型を決めていれば、似たような局面に何度も遭遇します。復習を怠らないことで、自身の弱点を見直すことができ、確実に棋力があがります。

    継続は力

    タイトルとURLをコピーしました